「water alive〜水道水を飲もう」
タレント・野菜ソムリエ
長谷川理恵さん
※CMの配信は終了いたしました。

※CMの配信は終了いたしました。

 

「長谷川理恵さんの朝」
コップ一杯の水とランニング 篇
私の朝はコップ一杯の水からスタートします。

"寝ている間に失われた水分を補う"
という意味もあるのですが、

それよりもコップ一杯の水を飲む事によって、
その日の身体の調子をはかるバロメーターという
意味合いの方が大きいかもしれません。

そんな時に飲む水は、一番身近にある水道の水。
環境に負担が大きいペットボトルの飲料水を飲むのはやめました。
自分自身をキレイにする事と、
環境をキレイにするの二つは、
実はどこかで通じていると思っています。

だからこそ毎日欠かさないランニングにも、
マイボトルに水道の水を入れて持っていきます。

 

「長谷川理恵さんの昼」
仕事で自分を磨く 篇
「モデル」の仕事だけをしていた時は、
あまりごはんを食べない、
そして運動もしない、
そんな不健康な生活をしていました。

仕事がきっかけではじめたマラソンやサーフィン、
最近ではゴルフなどで身体を動かす。

そのためにはちゃんと食べるという事がいかに大事か
健康な身体を作るその前向きな姿勢こそが
「美しさの基本」だと思うようになりました。

「野菜ソムリエ」になる前は、実は野菜が大嫌いだったんですが、
身体を動かしていると、野菜をおいしく感じるようになりました。

まだまだいろいろと学ぶ事はたくさんあるのですが、
それもまた自分を磨くことになると思って楽しみにしています。

 

「長谷川理恵さんの夜」
休息と睡眠 篇
私にとってリラグゼーションの中でも最も重要なのは
「半身浴」なんです。

いっぱい汗をかいて、身体の代謝を上げると、
すっきりして軽くなった感じがする上に、
身体の中に溜まっているいろんなものが出て行くという、
デトックス効果を感じる事が出来ます。

そして休息も大切だと思います。
質のよい睡眠、そのためには適度な運動が欠かせません。
やはりバランスがポイントだと思います。

半身浴でも睡眠でも、いっぱい汗をかいているのですが、
そんな時の水分補給は、なにも混じりけのない水が一番だと思います。

 

「長谷川理恵さんの一日」
自分の体と対話する 篇
仕事が忙しいと、
つい自分と向き合う時間がなくなって
あっという間に時間がすぎてしまうものです。

解っているようで、自分に目をつぶってしまったり
特に働いている女性は頑張りすぎてしまう傾向にあると思います。

いつの間にかストレスが大きくなってダウンしちゃう。

短い時間でもいいので自分の身体と対話をする、
そんな時間を持ちたいと思っています。

私はマラソンをはじめてから、
時間の感覚とか一分一秒の重みがわかるようになりました。

それはどれくらいのタイムで走る、ということだけではなくて、
走っている間が、
自分の内面と向き合っている時間だからなんだと思うんです。