「water alive〜水道水を飲もう」
歌手・ディレクター・プレイヤー
夏木マリさん
※CMの配信は終了いたしました。

※CMの配信は終了いたしました。

 

バンド 篇
今私は、ジビエ・ドゥ・マリというバンド活動をしています。

バンドでは心も体も高まり、音楽の世界に入っていきます。
ライブ感を大切に、いつも自分に素直に
体のパワーを使い切る感じで唄っていますが、

ライブが終わった後のファンの声援や余韻にひたる時、
ほっとしたひとときが訪れます。
そんな時は心優しいコップ一杯の水が素敵です。

 

舞台・印象派 篇
私は毎朝、コップ一杯の水を飲みます。
1日は、そこからスタート。

舞台、コンセプチャルアートシアター印象派は、
自分自身がディレクションをしているので、演出する時、
集中する時ほど一杯の水は、ありがたいです。

もちろんパフォーマンスの時の水は、
自分へのご褒美かも知れません。

お水と共存しながら、
いいパフォーマンスをするべく、頑張りたいです。

 

バラ 篇
支援活動One of Loveプロジェクトは、
音楽、子供、バラで進んでいます。

今、バラを1輪買っていただき、
その支援金が、エチオピアの
バラ農園を中心とした地域で働く人々に届くようになっています。

彼らは自分たちが作るバラを嗜好品だという認識はありません。

そんな花が日本に届いた時、我が家では、バラを丁寧に育てます。

お花も水をほしがっています。
水道水から、生きる糧をもらっているのです。

 

支援 篇
2008年から途上国への旅が始まりました。

まず、驚いたことは、水が無いことです。

水道水がどういうことか、彼らには想像出来ないのです。
そんな思いもあり、One of Loveプロジェクトを立ち上げました。

未来の子供達に仕事を送るプロジェクトです。
将来、彼らに元気で働いてもらい、
子供達にも幸せになってもらいたい。
そんな気持ちでスタートしました。

コップ一杯の水が世界で普通に飲めるように・・・