「water alive〜水道水を飲もう」
人気アコースティックギターデュオ
ゴンチチさん

※音声がでますので、音量にはご注意ください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

故郷の水 篇
はい、えー僕はですね、
大阪の旭区というところで生まれましてですね、近くにね、
淀川が流れておりました。

本当に小さいころからそのー、
魚をとったり、まあ堤防で虫をとったり、
淀川のことは、自分のまあ母なる、
お母さんみたいなもんやなと思っていました。

今でも渡るときあるんですけれども、
あの水の流れというものを
ずうっと眺めてしまうんですね。

その水の流れにもいろんなものが、
歴史があるのかなとそんな感じがいたします。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

音楽と水 篇
えー、池なんかにですね、石を投げるとですね、
丸く波紋が拡がると思うんですけれども、

この波はですね、波紋は音と一緒のことなんですよね。
あのー、音も音波という波でできてますね。

音楽も波にのって何かを伝えていると思うんですけれども、
水もですね、雨や雲を通ってですね、
世界中にまあ何かを伝えているのではないかと思いますね。

音楽と水というのは波で共通しているのではないかと思うのです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

水周りの生き物 篇
はい、えー僕はですね、
クラゲと一緒に暮らしていたことがあります。

10年くらい暮らしていましたね。
クラゲっていうのは意思がないというかですね、
自分の人生を決めない、
そこが僕、ものすごくいいなと思いまして
ずっと一緒に暮らしていたんですけれども

やっぱりあのークラゲが住む水ですね、
あれを再現するということは
ものすごい難しいなと思いました。

だから全て生命の生まれた源である水、
これの大切さを本当に感じました。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

環境と水 篇
お仕事なんかでですね、
アメリカとかヨーロッパとか ハワイとかオーストラリアとか
ま、世界各地に行かせて頂くことがあるんですけれども

そういうこう、異国の景色を見ましてですね、
その中で水はすごいなと思うのはですね、
やっぱり滝がある景色なんですね。

水のすごさというものをこう目の当たりにするというか
見ていてうっとりしますし、
目隠しされていたものがとれたような、
覚醒するような、そういうところがありますね。

だから滝は水のすごさをあらわす景色なんだなと思います。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

私たちの音楽と水 篇
(松):はいあのー、昨年の夏にですね、

(三):はい

(松):私たち「ハンブル・ミュージック」というアルバムを出しましたけれども、 その中にあのー、水にまつわるタイトルの曲がたくさんありまして、

(三):「船乗りとタコの友情」とかですね、「氷と水のワルツ」、「水筒を下げて」

(松):水というのはですね、

(三):うん

(松):変幻自在ということもありますし

(三):ああ、

(松):もう太古からあるわけですよ。

(三):そうですね。

(松):だから人間の方がどちらかというと、ね、 後からできているということはね、 そうするともう何色にも染まりますよという感じですね。

(三):そういう感じですね。