「water alive〜水道水を飲もう」
作家/演出家
大宮エリー さん

※音声がでますので、音量にはご注意ください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

水のお告げ‥ 篇
はじめて撮らせていただいた映画、
「海でのはなし」をはじめ、
私には、水辺を舞台にした作品がたくさんあります。
無意識だけど、水辺の風景が好きなようです。

以前、もう仕事をしたくないと悩んでいた私は、友人に誘われて
スウェットロッジという、
ネイティブアメリカンの儀式に参加したことがあります。
ナホバ族の洗礼を受けた預言者の方に、
「あなたは、メッセンジャーだ。伝えるという仕事を続けていきなさい。つらくても、あなたは水に救われる」
と、いわれました。
それからは毎日水に感謝してなんとか仕事をがんばっています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

夜の海‥ 篇
深夜、
タクシーに乗って、海へ行ったことがあります。

「海へ行ってください。」という私に、
運転手さんも困っていましたが、
羽田空港の近くの、
弁天橋へ、連れて行ってくれました。

幸せそうなカップルや、残念ながら別れ話をしているカップル、
若い男の子たちや、一人きりで本を読んでいるサラリーマン、
予想外にいろんな人がいる、夜の海。

夜の海は、
海の気配だけを感じる、不思議な世界です。
でも、自分を包み込んでくれて、
嫌な気分も飲み込んでくれるような、
とても静かな気分になれるのです。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

キッチンで、気分転換‥ 篇
毎週連載の仕事があるのですが、
執筆のときは家にこもってしまうので、
煮詰まったときの気分転換は、けっこう大切です。

私の場合は料理です。
料理をしている間だけさぼることができるから
その時間が待ち遠しいのです。
メインはシンプルな和食です。
温泉の水でごはんを炊いてみたり
だしをとった大根の味噌汁に
ごま油や生姜のアクセントをつけたり。

春菊の白和えが大好きで、
たくさん作って、たくさんご飯にかけて食べます。

シンプルな料理ほど、水加減が大事なので、
おいしい水で、おいしいお料理を楽しんでいます。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

沢蟹のさわっち‥ 篇
私の最新刊「猫のマルモ」は、
日ごろ、私たちみんなが感じている悩みを
いろんな生き物で表現した、
大人向けの童話集です。

その中の一話、
「沢蟹のさわっち」は、
みんなと同じペースで行動できない、
ドン臭い沢蟹の話し。

ドン臭いからこそみんなには見えない世界がある。

以前、沖縄のマングローブで見た、
砂浜が染まって見えるほど大量の青蟹が、
人が来た瞬間に、土にもぐってしまう光景から
ヒントをもらいました。

コンプレックスが強みになる話。
読んでいただけたら、嬉しいです。