「water alive〜水道水を飲もう」
COEDO 代表取締役社長
朝霧 重治 さん

※音声がでますので、音量にはご注意ください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

COEDO川越 ‥ 篇
私が生まれ育った小江戸・川越は、その名のとおり、
豊かな水流に囲まれた土地です。

秩父山系の荒川水系、
谷川岳から下る利根川水系の表層水、伏流水と、
自然の恵みをいっぱいに享受して、
COEDOビールを生み出しています。

ビール造りにおける水へのこだわりは、
天然水を使用するということ。
ミネラルの含有量の多い・少ないによって
硬水・軟水に分けられますが、日本は一般的に軟水です。

ミネラル分がビールの褐色度に影響するくらい、

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

COEDO裏話 ‥ 篇
COEDOビールの立ち上げは、新たなチャレンジでした。

地ビールブームという一過性のものではなく、
ヨーロッパの食文化に倣った、
ビール本来の楽しみをもっと知ってもらいたい、という強い思い。

そこで本場ドイツの職人を招聘し、
その伝統的な技術と精神を受け継ぎながら、
いまでは日本の職人達が日々ビール造りに励んでいます。

一方で、頭を悩ませることもあります。
醸造所をキレイにすることに力を入れすぎて、
使う水の量が多すぎることです。

良い面としても捉えられますが、
環境への配慮として、今後の課題でもあります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

思い出の水 ‥ 篇
私の川越の生家には井戸がありました。
当時は当たり前のように飲んでいましたが、
いつでも冷たくて、おいしい天然水が
手の届くところにあったのだな、と考えると、
とても贅沢な思い出です。

もうひとつは、バックパッカーとして学生時代に訪れた、
インド・バラナシのガンジス川です。
休みを利用してさまざまな国を放浪しましたが、
人々の生活の中心としての圧倒的な存在感は
いまでも強く印象に残っています。

どちらの思い出も、いまの私の仕事に通じる、
水の原風景かもしれません。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

リセットする水 .. 篇
仕事に没頭する日々ですが、
最近は健康管理にも気を付けて、
毎週プールで泳いでいます。

唯一と言っては少し大袈裟かもしれませんが、
大好きな水泳の時間は、
何もかも忘れて無になれる瞬間です。

私のオンオフの切り替えには、
COEDOビールで喉を潤すという選択肢も、
もちろんありますが、
泳ぎながら水と身体が一体になれる、という感覚。

毎週のプールで自分をリセットすることで、
新たなインスピレーションが湧き出します。
しかも、泳いだあとの一杯が、また格別ですからね。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

わたしの夢 ‥ 篇
いま、新しい醸造所をつくっています。
この間、井戸を掘りました。
無事に湧き出た天然水を仕込みに使おうと思います。

私はローカルということを強く意識しています。
世界から見た日本、日本から見た埼玉、
埼玉から見た川越、いずれもローカルです。

会社と私自身の起源でもある「農業」を通じ、
健全なローカルを醸し出して行きたいと考えています。

COEDOのコンセプトである、
Beer Beautifulを今後も全員で体現し、
皆さんにお伝えしていきます。