「water alive〜水道水を飲もう」
映画監督
和泉 聖治 さん

※音声がでますので、音量にはご注意ください。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

雨のシーン ‥ 篇
北海道と富士山では、
湧き水の味にも違いを感じ、
雨も降る場所によって、
表情の変化が感じられます。

映画の中で雨のシーンを撮影するのは、とても大変で、
散水車両を用意しなければなりませんし、
出演者もスタッフも、
ずぶ濡れになってしまいます。

それでも私は、雨のシーンが大好きで、
新しい台本をもらうと、
どこで雨を降らせようかと考えてしまうくらいなのです。

湧き水の味のように、
個性的な雨のシーンを作れたら良いですね。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

瀬戸内海への想い ‥ 篇
映画「探偵ミタライの事件簿・星籠の海」のロケは、
鞆の浦を舞台に行なわれました。
穏やかで美しい瀬戸内海ですが、
はるか縄文の時代から、
激しい潮目が時計仕掛けのように正確に流れているのです。

戦国時代に活躍した、村上水軍も、
この潮の流れを大いに利用したと言われ、
坂本龍馬が難破し、打ち上げられたのも、鞆の浦です。

穏やかな表情の海からも、時に頼もしく、
でも怖いような、強いエネルギーを感じたロケでした。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

雨にうたれて ‥ 篇
もう20年も以前の話しでしょうか。

八丈島で撮影を行ったとき、
台風の影響で、
豪雨におそわれたことがあります。

はじめは部屋の中にいたのですが
夏のことでもあり、
ふと思い立って、雨の中へ飛び出してみました。

激しい雨にうたれているうちに、
いつしか心が解放され、
まるで母親の胎内で癒されているような
言葉にならない、不思議な感覚を味わいました。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

水の力を描く .. 篇
私の新作、
「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」は、
島田荘司さん原作の
ミステリー小説を映画化したものです。

物語は、瀬戸内海で起きた
連続殺人事件からはじまり、
潮の流れが事件解決のキーワードとなります。

海を舞台にした作品は多く撮ってきましたが
これまで以上に海と向き合っての撮影になりました。

自然の美しい景観が
時として人々を翻弄し、歴史を変える。
大きな水の力を、描けたものと思います。